医療法人売買の法務手続は医療法人売買専門の柏崎法務事務所へ

特選セミナー

特選セミナー



まずは1回M&A体験!
実際の模擬事例(模擬メール・模擬資料)を
ストーリー形式で体験しながら学ぶ
地域に「想い」を残す
失敗しない医院M&Aの事例と対応策セミナー




※webオンラインでの開催決定!!

下記のフォームよりお申込みください※


背景

「私のクリニックには後継者がいない。しかし、通ってくれている患者様や働いてくれているスタッフを辞めさせたくない。こんな事を考えていますが、解散以外に方法はないのでしょうか?」

「地域の患者さんのことを考えると自院をこちらの都合でしめてしまうのは心許ない…何かいい方法はないのでしょうか。」

実際によくいただく質問です。


解散や廃止以外の方法で、医院の引継ぎ承継(売買)を行うM&Aという手続きがございます。

近年増加している、M&A(医院の引継ぎ承継)手続き。


しかし実際には、

[check]「ネームクリア」や「持分譲渡」など抽象的な単語が多くて敷居が高い

[check]M&Aという言葉は聞いたことあり、ぼんやりと何をするかは分かるが、難しそうな手続きだなと思ってしまう…

[check]M&Aという言葉に良いイメージがない、他人に自分の医院を売るのはやっぱり不安だ…


など、M&A(医院の引継ぎ承継)に対して非常に敷居が高く思っておられる先生方が多数いらっしゃいます。

その結果、

M&A(医院の引継ぎ承継)に対して、一歩踏み出せず「気が付けば数年…」という先生方

専門家に言われるがままハンコを押した結果、M&A終了後に「話が違う!」と揉め事になり、「M&A(医院の引継ぎ承継)について自分の意志で納得して行っておけば良かった。。」という先生方

が残念ながら多く見受けられるのも事実です。


そのため、当セミナーでは、M&A(医院の引継ぎ承継)について

ありがちなやり取りをもとに、相談段階から契約終了まで全ての模擬事例メールを、
「実際に模擬事例ストーリー」として時系列順に追い、体験いただきます。


そして、当セミナーを早めに体験すべき理由があります。

早めに模擬事例ストーリーでM&A(医院の引継ぎ承継)を体験すれば、

  • M&A(医院の引継ぎ承継)はどれだけの時間がかかるのか、どれぐらい前からご自身で準備し始める必要があるのか、もし専門家に頼む場合はいつから頼んでおくと安全なのかが分かる。
  • 売り手側と買い手側でどのようなやり取りを行うのか、実際のヒヤリとした事例も含めて最初から最後まで体験し、手続きの流れや各工程ごとの注意点と対応策を体験。
  • 難しいM&A用語も、模擬事例ストーリー内で出てきた単語を、それぞれ背景を把握しながら単語の意味と共に確認するため、ただ覚えるよりも後々の記憶に残る。

結果的に…

当セミナーはありがちなやり取りをもとに作成した模擬事例メールをストーリー形式でまず1回M&A体験!早めに体験すれば、その後ご自身で本やセミナーで学ぶ吸収度は2倍に。

結果、専門家任せで成り行き的なM&Aではなく、院長が「自ら」「納得」して決定したM&Aの一助になれば幸いです。




内容



あまり語られないM&A(医院の引継ぎ承継)の事例と対応策(下記はほんの一部)


■医院の売却先を探すときにクリニックの情報は外部に漏れてしまうのか?売却先を探す方法から公開しない方が良い自院の情報まで体験

■買い手から「500万下げて」と売買価額の値段交渉…やむなく価格を下げる?値段交渉を断る?価格交渉の着地点と買い手への切り返し方法を体験

■どのような買い手からの依頼は断った方がいいのか。断るべき買い手を見分けるために最初にするべき質問を体験

■M&A仲介会社に払う報酬と業務範囲の注意点を体験

■売却を決めた後、実際に従業員へ何をどう説明する?「辞める」と言い出したスタッフにはどう接すればいいのかを体験




「ありがちなやり取りをもとに作成した模擬事例メール」を確認


体験していただくのは、ありがちなやり取りをもとに作成した初回相談から売買終了までの模擬事例メールです。
M&A(医院の引継ぎ承継)の全体のイメージから細かなやりとりまで体感していただきます。


売却する場合の買い手との一連の流れ


初回問い合わせ ~ 医院情報の開示 ~ 買い手からの質問 ~ 必要書類の確認 ~ 院長様からよく頂くご質問 ~ 価格交渉 ~ 売買完了




また、下記のリンクにて実際の当セミナー中に体験していただく、
「ありがちなやり取りをもとに作成した模擬事例メール」のサンプル例(下記内容は全体の30分の1ほど)をご紹介しております。ご参考いただければ幸いです。

 http://iryouhoujinbaibai.com/swfu/d/auto-9yn7Vt.pdf



以前いただいたご質問の例

  • 医院が田舎にありますが売却は可能でしょうか?
  • 本院をリフォームしたら高く売れますか?
  • 多額の負債がありますが譲渡はできますか?できるならこれからどう動くのがベストですか?
  • 職員の数が多いですが、譲渡は可能でしょうか。
  • 譲渡のことを従業員に話してしまい、従業員のやる気がなくなってしまいましたが、無事に譲渡を行えるのでしょうか?
  • 歯科の医療法人を医科の医療法人へ譲渡など違う業種への譲渡状況を知りたいです。また、受け入れられやすい譲渡方法はありますか?
  • うまく承継するポイントや時期、避けた方がいいことはあるのでしょうか?



他社のM&Aセミナーとの違い

弊社のM&Aセミナーとの特徴他の一般的なM&Aセミナーの特徴
扱う内容 実際の手続きを基に作成した、より具体的で生々しい内容の模擬事例ストーリーM&Aの背景や手続きの概要や流れ、価格の算定方法など抽象的な内容を難しい言葉で説明
セミナーの進め方 ありがちなやり取りをもとに作成した模擬事例メールをストーリーで体験する形式「持分」や「ノンネームシート」など難しい言葉から入る講義




前回の医療法人解散・売買セミナーとの違い

前回の医療法人解散・売買セミナー「失敗しない医院M&Aの事例と対応策セミナー」
話す内容 主に医療法人解散+個人成りができない都道府県を言及するために医療法人解散+個人成りの講義が中心。セミナー中に話した医療法人解散と売買の割合は7:3 医院のM&Aのみに特化した内容。医療法人売買と解散の割合は10:0 医院のM&Aのみお伝えします。
適切な対象の方 医療法人を解散したい方や、医療法人から個人成りをして事業をこじんまりとしたい方事業を完全に譲り渡したい方




個人医院で法人化を考えている先生へ

[check]模擬事例ストーリーで、第三者へのM&Aが個人医院の方が楽なのか医療法人の方が楽なのか分かります。

[check]M&Aの視点からも個人の診療所のままでいいのか、医療法人設立したほうがいいのか模擬事例ストーリーを体験し判断できます。



医療法人の先生で医院買収を考えている先生へ

[check]実際に体験する模擬事例ストーリーすることで、買うときに個人医院を買うか、医療法人を買う方が楽かも分かります。



講師

■行政書士柏崎幸一■
中央大学法学部卒。依頼頂いた医療法人の設立・解散認可率は100%。
全国からの相談件数200件以上。必要のない医療法人化は絶対行わないという信念の下、院長様向けのみならず、税理士等専門家向けにもセミナーを行う。



セミナーにこれない方、日程を逃した方へ 

日程があわない方へ。通信学習用動画を有料提供中

秘匿性が高い情報が含まれているために大量に販売はできませんが本セミナーを収録した動画と本セミナー資料を毎月限定5人、69800円(税込)にて有料提供しております。

ご要望の方はフォームにて御連絡頂ければと存じます。銀行口座をお教え致しますので、お振込み確認、2か月視聴期限ありの動画視聴URLをメールにてご送付させて頂ければと存じます。

日程があわない方へ。セミナー個別放映+放映後1対1個別相談

通常開催時と同一時間帯(10時00分~15時30分)にてご希望の日程(平日に限る)録画したzoomセミナーを個別放映。放映後、質問頂いた事項をもとに個別に1対1で柏崎が回答。

参加費は69800円(税込)にて対応しております。ご要望の方はフォームにて御連絡頂ければと存じます。銀行口座をお教え致しますので、お振込み確認後日程調整いたします。



セミナー詳細(日時 場所 参加費)

***ご要望多数によりzoomでのオンライン開催(映像配信)が決定!***

定員:20クリニック限定(少人数制) 

開催日:令和4年6月19日(日)申込受付中
    

時 間:午前10時00分から15時30分(延長有)
    ※セミナー後、事前予約制にて個別相談対応いたします。
    

会 場:zoomでのオンライン開催

料金:50,000円⇒ 以下早期申込割引
   (開催日5週間前 まで申込→早期料金30,000円(税込))
   (開催日3週間前 まで申込→早期料金35,000円(税込))
   (開催日1週間前 まで申込→早期料金40,000円(税込))

対象:医師、及びそのご親族の方限定

ご夫婦・ご家族同伴の場合 1名追加につき別途1名分の費用が必要となります。

※税理士、生命保険営業マン等院長先生とそのご親族以外の方がご参加の場合、1名につき98000円+税となります。(医院の顧問の方含む。)

※ただし、各種申込特典または申込用紙により上記より安い受講費用の場合には、安い受講費用が適用されるものとします。



セミナー参加方法

①セミナー申し込み

セミナー申し込みフォームから申し込みを行います。


②お振り込み案内

お申し込みいただいたお客様ご指定のメールアドレスに、セミナー日程の詳細とお振込先などを記載したメールをお送りいたします。(代金は後払いも可能です。)


③セミナー資料送付

事前に、お申し込みいただいたお客様宛にセミナー資料をお送りします。



当日の流れ

20220209_当日の流れ(汎用性のある) 完成版


このセミナーに参加すべきか迷われている方へ

院長先生の中には、このセミナーに参加を迷われている方も
いらっしゃいます。そのような先生のために先生の疑問も解決されるか
参加すべきか事前にご相談頂くことも可能です。

セミナー参加前の相談はこちら



お申込はこちら

下記お申込フォームをご利用下さい。
御手数ですがクリニック名の記載をお願い致します。(同業者お断り)

【セミナー 申込又は問合せフォーム】

画像の説明


















powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional